2010年06月02日

2冊

22>金子昭の七人の社長に叱られた!

  金子昭 著


金児昭の七人の社長に叱られた! (中経の文庫)


いただいた本です。
会社にいれば、同じように叱られることはあろうかと思います。
日々、気づきや学びを得られるよう行動していきたいですね。
プラス思考で。


23>中小企業診断士の資格を取ったら読む本

  小林勇治・波形克彦 編著


中小企業診断士の資格を取ったら読む本―ミーコッシュ革命で年収3,000万円は達成できる


先日、フレッシュ診断士研究会で購入しました。
独立を考えると、やはり参考なります。



posted by Cota at 06:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

「仮説思考」

20>仮説思考

 内田 和成 著


仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法



実務補習を受け終わっている今、妙に納得できる本でした。

実務補習の先生が仰っていたことがより深く理解できたように思います。

ヒアリングの前に、仮説をたてることは大変重要と思われますが、今まで経験がなければ、分かりませんよね。

自分は実習の先生が言ってた意味を考えながらですが、
班長の時には、業界の外部環境などいろいろ調べつつ、得られる情報だけから考えられる企業の問題点、方向性を図にしてみました。

結果、大筋は間違っていませんでしたが、提言の内容は違いました。
やはり、個別性がかなりあります。

仮説思考、身につけるべく、トレーニングです。
3日坊主にならないように。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
以下、備忘録的に。


21>在宅日誌

 前田 程一 著


在宅日誌 薬剤師ケアマネジャー奮闘記



私も、社内報で「○○薬局の在宅日誌」というコラムを勝手に書いています。

似たようなタイトルなので、つい読んでみました。

ストーリーの中から得られる(豆)知識のようなものがあると嬉しいです。(言うは易し、行うは難し)

posted by Cota at 05:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

「クリティカルチェーン」

Rクリティカルチェーン

 エリヤフ・ゴールドラット 著


クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?



前回のチェンジ・ザ・ルールより、ストーリーも面白く、わかりやすい感じでした。

頭では分かっているつもりです。

でもいざ、自分の仕事に応用してみようと思うとなんとなくしっくりこないな〜と感じていました。

もう少しかんがえてみるかな。

posted by Cota at 23:11| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「決断と再生」

Q決断と再生
 
中小企業をどん底から救った男たち 


 安田 龍平  櫻田 登紀子 編著


決断と再生―中小企業をどん底から救った男たち


書店でこの本が並べてあるのをみて、面白そうだと思いました。

ただそのときは、他に買う予定の本があったので、次にでも買おう、と思っていました。

そして後日、いくつかの書店をみたのですが、すべて売り切れで、アマゾンでやっと手にいれたわけです。

内容は、ノンフィクションのため、企業再生の実態がなまなましく伝わってきます。

全く経験のない私にも分かりやすく、読み物としても非常に面白い本でした。

そして本文の実例7つの間に、企業再生のキーワードについて解説もまとめられています。

そのため、知識的なことも非常に受け入れやすかったです。



さて、昨日は研究会に参加してきました。

この本の「出版ストーリーと中小企業の実態」について、著者である櫻田登紀子さんの講演を聴きました。

本を読んだだけでも、企業再建の大切な部分はやはり社長の熱意だな〜と思いましたが、お話を伺い、あらためてそう思います。

出版までの道のりをうかがう中で、実際の出版にこぎつけたことについては、なにより櫻田さんの熱意だと感じました。

さらには、登場人物の方の話もきくことができ、熱意をビンビン感じました。
お話の中であった「結果に責任をもつ」こと、

そして櫻田さんのように、ひとつひとつの仕事を丁寧にやること、

新たな意識で心がけていきたいと思います。


。。。学びの多い夜でした。
posted by Cota at 06:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

「チェンジ・ザ・ルール!」


Pチェンジ・ザ・ルール!
 
 エリヤフ・ゴールドラット 著

 
チェンジ・ザ・ルール!


TOCをもう少し知りたいので読みました。
ですが、最後のほうは少し惰性で読んでしまいました。


ところで、今回初めてアマゾンの中古を購入しました。
2冊新品、2冊中古を買ったので送料が別々になりましたが、でも安いもんです。

本自体も問題ないので、今後も利用してみます。



posted by Cota at 05:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

「パラダイムの魔力」

Oパラダイムの魔力
 
 ジョエル・バーカー著



パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法


以前、ペパチェさん(ER先生)のブログで紹介されており、興味をひかれたので読んでみました。

まったく抽象的な表現になってしまいますが、「輪郭がはっきりしたイメージ」があります。

あまり内容に踏み込みませんが、
パラダイムを意識するのとしないとではやはり大違いです。

何度も読み返したい本でした。




posted by Cota at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

「制約理論」がわかる本

Nエリヤフ・ゴールドラットの「制約理論」がわかる本

 中野 明 著

 
エリヤフ・ゴールドラットの「制約理論」がわかる本 ポケット図解 (Shuwasystem Business Guide Book)


 以前、madmaxさんにコメントで紹介いただいた本です。
だいぶ時間が経ってしまいました。

 たしかに、この本はわかりやすいですね。

 「THE GOAL」シリーズを読むときに手元にあるといい一冊だと思いました。

 それでも、思考プロセスのところはキタ〜という感じまではいきませんでした。
 もともと、このあたりは人より理解が遅い私です。
 
 でもよくわからなかった本などを日を開けて何度か読み直すと、急に「ああ、そういうことだったのか」と思うことがあります。

 そういうわけで、でもないんですが、他2冊購入済みです。


posted by Cota at 02:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

「マネジメント」

Mマネジメント−基本と原則

 P・F ドラッカー著


マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]



前回の女子マネドラッカー(略)を読み、こちらも読んでみました。
あらためて、医療というサービスの中でも、顧客起点から考える重要性を学びました。

言い訳ですが、医療系ではわすれてしまいがちなことかもしれません。

これには、患者さんのためになろうとするあまり、強い想いをおしつけてしまったりすること

良い医療を提供することや延命することがいいことだと長年教えられてきたために、患者さんの本当の希望をすくいきれなかったりすること

なども要因ではないかと思います。


それにしても、企業経営理論を学習したおかげで、キーワードがよく分かったような気がします。

posted by Cota at 00:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

 Lもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

 岩崎 夏海 著


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら



非常に読みやすく、話も面白いのでどんどん入っていきました。
具体的で非常にわかりやすいと思います。

でもまず発想が面白いですね。

読み終えてからつい「マネジメント」も購入してしまいました。
posted by Cota at 06:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

実務補修中に読んだ本

F「経営戦略の基本」がすべてわかる本
 土方 千代子(他) 著


「経営戦略の基本」がすべてわかる本


1社目のときは、恥ずかしながら、どうすればいいのかわからなくなってしまったので、基本に戻る意味で図書館で借りました。

1社目は外部環境と人事の担当でしたので、このときは他にも人事系の本を含め5冊くらい借りて、使えそうな所だけをぱぱっと読みました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

G人を生かす
 稲盛 和夫 著


[実学・経営問答]人を生かす


Hアメーバ経営−ひとりひとりの社員が主役
 稲盛 和夫 著


アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役


この2冊は昨年にも読んだ本です。
2社目、社長の想いと社員のベクトルをどう合わせていったらいいのか考えていたときに思い出して読みました。
こうやって悩んでいるときに読むと、より参考になりますね。
もちろん、現実は思い通りにはいきません。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Iプロコンサルタントの経理力
 窪田 千貫 著


プロコンサルタントの経理力―社長の決断を強力に補佐する経理部課長の新たな役割 (Doyukan Brush Up Series)


J「1秒!」で財務諸表を読む方法−仕事に使える会計知識が身につく本
 小宮 一慶 著


「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】


K正しい生産管理の実行手順
 木村 博光 著


最新版 正しい生産管理の実行手順 (すぐに使える中経実務Books)


3社目は財務担当でした。
「プロコンサルタントの経理力」は以前502教室で紹介されていたときに購入しました。
財務が苦手の自分にはちと難しいかもと思ってまだ読んでいませんでした。
これも、実際必要性に迫られると本当に参考になる本でした。
1度全体をとおして読んだ後は必要部分を何度も読み返したりしました。

「生産管理の実行手順」は製造業だったこともあり、指導員の先生からすすめていただいた本です。
細かいことが分かりやすく書いてありました。
本業の方でも、今後の参考書にしたいと思います。

あとは、2次試験の時に使用した参考書、図書館本などを部分部分で参考にしました。
posted by Cota at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「町医者力」ほか

実務補修前に読んだ本ですが、備忘録的に記録しておきたいと思います。


D町医者力
 長尾 和宏 著


町医者力


ある研究会でいただいた本です。
研究会の中では、先生の講演もありました。

非常にあついDrで、心打たれるものがあります。


Eどんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座
 小宮 一慶 著


どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)


ちょうど、1時間ほど電車に乗らなければならなかったので、その間で読める本を買いました。

会社で仕事をしていても、やる気のない時間(:たいていなんらかのお決まりの書類を書いているときなど)は確かにあります。
それはやはりやらされ感があるからですね。

まあ、ポジティブにいきましょう。

posted by Cota at 06:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

「はじめて講師を頼まれたら読む本」

Cはじめて講師を頼まれたら読む本
 大谷 由里子 著


51AF7qKYVjL__SS400_.jpg

先々週の土曜日大阪出張の折、品川では前2冊、大阪でこの1冊を購入しました。

(その後、2冊ほどいただくことになるわけですが)

私の場合、本だけでなく色んな面で衝動買いが多いですね。反省せねば。

(洋服なども、色で迷ったら両方購入してしまうタイプです。)

でもこの本、参考になりました。

以前も「プロ講師になる方法」という本を読みまして、それと同様のことも書いてあります。
でも、面白く読めました。

起承転結でネタをおさえておくことは勉強・練習になりますね。

今日、読み終わった本では起承転結?という感じでしたが。

いずれにしろ、マイメソッドを確立していくことがいいのかなと思います。

また、give×3、意志を持つことなど、講師業だけでなく今後人生を歩んでいく上で重要だよな〜と思いました。


色々、学ぶことが多い毎日ですね。ホント。
posted by Cota at 21:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

『「ツイッター」でビジネスが変わる!』

B「ツイッター」でビジネスが変わる!
  ジョエル・コム 著


515G1IfDzvL__SL500_AA240_.jpg


この本も先週の土曜日早朝、品川で買い込み新幹線の中で読みました。

恥ずかしながら、ツイッターってなんだ?つぶやき、つぶやきというけど...と思っていました。

正直なところ弱IT系です。


時間がなくパパッと本を選ばなければならない。そんなとき、この本が目に留まったのでとりあえず買ってみることにしました。

ツイッターの始め方なども書いてあったので参考になりました。

ブログも同様なんでしょうが、マーケティングツールとしてという視点についても理解できたつもりです。

ツイッター、面白そうですね!
今は色々集中したい時期ですけど、そのうちはじめるかもしれません。

でもはまるのが怖いw。


posted by Cota at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

「やればできる」

>Aやればできる まわりの人と夢をかなえあう4つの力
  勝間 和代 著


51BDuNZ9tOL__AA240_.jpg


実ははじめての勝間本です。
新幹線に乗るときに品川駅で購入。
この本屋さん、あまり種類はないけど、朝イチからOPENしていたので重宝します。

たしかに「やればできる」ということは、(程度こそ勝間さんに及びませんが)、私自身も強く思うことだし、仕事の中でも後輩にいうこともあります。

なるほど、4つの力で説明してあるので具体的に分かりやすいですね。

私はよく独りよがりになっている自分に気づき、反省することも多いのです。
でも、自分の強みとして考えるとまあいいか〜と思えるかな。

ちなみに私の強みは、コチラです。

http://diamond-ph.seesaa.net/archives/20091106-1.htm

posted by Cota at 04:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

診断士ギョーカイ用語辞典150

@ストーリーで読む診断士ギョーカイ用語辞典150
   福島正人 黒川如 木伏源太 [編著]

51EwzR27CSL__SL500_AA240_.jpg


今後、実務補習を受ける上で非常に参考になりました。
また、今後の活動、特にこの1年間の活動が具体的にイメージできました。

ストーリーを楽しんで読みながら、用語の意味が分かるので頭に入りやすいですね。

受験生の方にとっては、合格後をイメージすることでモチベーションを保てるかなと思いました。


昨日、仕事から帰ってくると「実務補習のテキスト」が届いていました。

あとでもう少し詳しく中身を見ます。

もうすぐです。

(パソコンどうしよう。)
posted by Cota at 11:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

坂の上の雲

「坂の上の雲」を全て読み終えました。

私がまだ転職する前だから、7年くらい前に一度読んだことがあります。

その時感じたことなどが記憶によみがえりました。
また、司馬遼太郎作品を読んだのもこのときが初めてでした。
そこから面白くて面白くて、竜馬がゆくなども読んだことを覚えています。


さらに、今回も色んなことを感じました。

一つには、やはり自分自身は自分自身で作り上げていかなければならないな〜ということです。

当たり前のようですが意識しているのと、そうでないのとでは違いますよね。

今後はさらに意識して取り組んでいこうと思います。

posted by Cota at 07:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

「まず、ルールを破れ」


〈フォトリーディング31〉

まず、ルールを破れ すぐれたマネージャーはここが違う マーカス・バッキンガム&カート・コフマン

51BQSWA1WEL__SL500_AA240_.jpg

さあ、才能にめざめようと一緒に購入した本です。
自分にはややくどい感じもありましたが、具体例が多くてわかりやすいと思いました。なかなか「では、どうすればいいの?」ということにたどり着けなかったですが、最後のほうの実践ガイドの項は今度面談を行ううえで大変参考になるな〜と思います。

本を買ってばかりいると経済的に厳しいですね。けど、図書館に行っている時間もないので、持っている本を再度読もうかなと思っています。


posted by Cota at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

ザ・ゴール2 思考プロセス


〈フォトリーディング30〉

 ザ・ゴール2 思考プロセス エリヤフ ゴールドラット

41CAQ7C8QPL__SL160_AA115_.jpg

既に読んだ方は多いと思います。
1に続き、読み物としても相変わらず面白い。ただ思考プロセスの詳細をもう少し詳しく知りたいと思いました。なにか、解説したような本でもあるのでしょうか。
2度、3度と読むほどに面白いだけでなく、理解が深まるかなと思います。

タイトル、フォトリーディングですが、ここ何日かかけて完全に読み込んでしまいました。

いまだ、「振り返り 事例W」の続きが書けないでいますが、記録を残しておきたいと思いまして。。。



posted by Cota at 23:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

「さあ、才能に目覚めよう」


〈フォトリーディング29〉

さあ、才能に目覚めよう あなたの5つの強みを見出し、活かす マーカス・バッギンガム&ドナルド・O・クリフトン

51A7ZKPW20L__SL160_AA115_.jpg

そういう自分はあるなと思うことはありましたが、それが強みといわれるとは。新しい発見が面白いな〜と思いました。
因みにワタシの強みは「未来志向」、「活発性」、「最上志向」、「自我」、「自己確信」の5つだそうです。

posted by Cota at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」(他3冊)


〈フォトリーディング25〉

リーダーになる人に知っておいてほしいこと 松下 幸之助 述

51f208eNy-L__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_.jpg

やはり、大事なことは普遍的なものなんだなと思いますが、この本では松下氏の人間の強さを特に感じました。
精神の強さを育てるには、日々自分が意識するしかありませんね。


〈フォトリーディング26〉

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 小宮 一慶 著

51lImYIRyyL__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_.jpg

たしかに数字を知ることにより具体的になるな〜と思いました。そして、発見力に続く。なるほどっと思う一冊でした。読んでから、新聞の今まであまり気にしていなかった部分を毎日定点観測しています。


〈フォトリーディング27〉

薬剤師のヒューマンスキルが見えてきた 水野 敦典 著

51bf%2BLSCm-L__SL160_AA115_.jpg

特定業種に関するところですが、組織論などの知識をこういうふうに生かしていかないといけないのかと思いました。コンサルタント的な視点を意識することが少しできたかも。


〈フォトリーディング28〉

世界の下半身経済が儲かる理由 門倉 貴史 著

51fZllkPXLL__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_.jpg

一転、タイトルが面白かったので買ってみました。まずは市場規模の大きさにびっくりしました。そして、犯罪に直結するという意味からもこういった産業のあり方について見直しが必要なのかなとも思います。
電車で読むのが多少恥ずかしかったです。

posted by Cota at 06:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。