2014年07月31日

ワークショップの振り返り

先日、合宿でワークショップを行いました。
今回は、参加者のみなさんが参加したくて来たわけではないので、色々難しい面もありましたが、
自分にとってはいい経験になりました。

そう、会社や組織に所属していると、「忙しいのに...」という時がありますよね。
自分も時間には気を使っている方だと思うので、気持ちはすごく理解できます...。


さて、昨日振り返りをしたのでメモしておきます。


◎まず、今後もKeepしたい点

・対立的な意見と向き合うこと。

対立的な意見に対抗するのでもなく、無理にその場をやり過ごすのでもなく、その時の気持ち、わき上がった感情などを正直に「場」に出すということ。
感情に流されず、自分の内面に今起こっていることを客観的に観ることができて、はじめてできるのかなと思います。
意識して臨むこと、場数をこなすことですね。

むしろ、対立を歓迎、いや、対立がないと物足りないくらいになれるよう経験を積んでいきたいと思います。

※ その後、こんな本が発売されたので、購入しました👊。
↓↓↓


・「場」を信じること。

終わった時にどうなるのかは、そのメンバー、その場次第。
このメンバーなら、必ずなにか生まれると信じきることがファシリテーターには必要なのかと思いました。


△そして、改善しようと思う点

・引用の使い方...本や著名人の言葉の引用は、むしろ自信がないように見える、
とありがたいフィードバックをもらいました。
(相手の気づきを促すフィードバックはなかなかもらえるものではありませんよね。)

相手が目上の人なのか、後輩なのか、あるいは、その時の自分の状態、自信や存在感などが影響するようです。

Try➡(アドバイスもあり、)引用して話す時は、自分の経験を織り交ぜるようにします。


・発表者の発言に対しての受け方

Try➡概念化できると更によくなると思いました。
Try➡そうはいっても、あまり型を守りすぎず、その人が何を思ってそれを言っているのかに関心をもちつつ自然に出てきたものを話すのはどうかというアドバイスももらいました。
Try➡ワークショップに参加して、色んなファシリテーターの振る舞いを観察することですね。

この振り返りは自分で紙に書いたものを、昨日、人に伝えるためにあらためて口にだしてみたのですが、
話しているうちにまたあらたな気づきを得ますね。

そうそう、振り返りは大事。

posted by Cota at 08:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

人狼をやった

おはようございます。

先週の土曜日は中小企業診断士の研究会T3に久々参加できました。


テーマは「人狼」(※参考:http://rocketnews24.com/2013/02/20/295465/
自分も初めてでしたが、最近では、企業の研修や新人の採用なんかにも活用されることがあるらしいですね。

なんでも、本性がでるので資質や適正を見られるらしいです。

あとコミュニケーションの練習にもなると。


T3はハイレベルなロジカル集団なので、当日までにiPhoneのアプリをやったりして練習(といえるか?)してのぞみました。


やってみて。

面白いですね。
はまるというのもわかります。

1回目はやっているのを見ている側だったのですが、
コミュニケーションという面で、
たとえ答えが間違っていても、声の大きい人、自信を持って意見を言う人にやはり全体が流されていく様がよくわかりました。

会社の会議などでもそういうことは起きているという気づきは、研修で活きるかもと思いました。
(この場でも同様の指摘はありましたね。)

2回目に自分の番が回って来て、10人ほどでやりました。

結構ドキドキしますね。

自分は村人だったので、なんとなく挙動をみて怪しい人を指摘したら、たまたま当たっていたらしく、早い展開で終了。

あんまり話しすぎると、これまた怪しいと思われるので、どう信用してもらうかが難しかったように思います。

何度かやっている人同士だともっと違った戦いになるのかな。

なにはともあれ、この回のMVPをいただいたことは最大の名誉です手(チョキ)

機会があれば、またやってみたいと思います。

posted by Cota at 05:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

アクティブ・リスニングを受講した

おはようございます。

昨日は、アクティブリスニング研修を受講しました。

はじめにみんなで体操して、
アイスブレークにしゃべらないで同じ誕生月でグループになるところから始まり。

ワーク1〜 相手の言葉をそのまま返す。
ワーク2〜 相手の話を聴き、相手の感情を言語化して返す。
ワーク3〜 代表者1人が会話をするところを観察する。
ワーク4〜 グループで話し手、聴き手、観察者に分かれ、実際に話を聴く。
ワーク5〜 今までの気づき、学びを振り返る。

といった内容でした。

学びとしては、5つの態度
@評価的態度
A解釈的態度
B調査的態度
C支持的態度
D共感的態度

いつも人から相談を受ける時、@〜Cが多いけど、
D共感することで相手は話を聴いてもらえたことを感じ、信頼関係が築かれる。
@〜Cがいけないというわけではなく、Dがあってこそ@〜Cが活かされるということかな。

より深いレベルで相手を理解しないと、
同じ解決策が出て来たとしても納得して実行するには至らないですよね。


それと、普段からの聴き方で、その人との信頼関係が決まってくるなあと実感。

まあ、いつもはできないけど、ひと言、ふた言、感情を返すことから。

家でも新聞を読みながら、へえ〜、そう〜というのはあらためますよ。。。

posted by Cota at 05:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

瞑想

土曜日にヨガ&瞑想の講座を受けました。頭も身体もリラックスして、
瞑想自体も自分ひとりで行うのとは随分違うもんだなと感じました。

身体も調子よくなりましたが、質の高い瞑想ができたことは何よりです。

また参加します。

さて、毎日ではないけど、瞑想を自分なりに行うようにしています。

続けてやったり、しばらくやらなかったりしながら、1年近く経ちます。

個人的に実感している効果は2つ。
@熟睡できること
A集中力が増すこと

それだけ?と思われるかもしれませんが、自分にとっては結構大事。

@熟睡できること
考え事が多く、何時間かおきにおきてしまうことがしばしばあります。
特に過去の失敗などに焦点があたってしまう場合やなにか良い案が思いついた時など(これはむしろ良いのかも?!)、その後なかなか寝付けなくなると朝が辛いものです。

それが瞑想してから寝ると、朝までぐっすり眠れることがとても多いことに気づきます。

A集中力が増すこと
考え事が色々あると、あれこれ思案に耽るわけですが、
あれをやっている時にふと、これを考えていたり、
これをやっている時にふと、あっちのことを考えているようなことはないでしょうか。

自分は多数の活動平行して進めている時(日常?)には特にそのようなことがあります。

そんな状況に対して、
仕事などでも一つの区切りまで終わってみると、だいぶ集中できたなあと感じることが増えたように思います。

「スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)」という本によると、
注意力、集中力、ストレス管理、衝動の抑制、自己認識といった自己コントロールのスキルが向上するとあります。

さて、方法ですが、
最初はGoogleで検索した方法(瞑想や坐禅などで検索)、上記の本を読んでからはそこに書かれていた方法を中心に自分なりにやっています。

抜粋すると、
1)動かずにじっと座る(椅子に座って足を床につけるかクッションの上にあぐら)
2)呼吸に集中する(息を吸いながら心の中で「吸って」と言い、吐きながら「吐いて」と言う)
3)呼吸をしているときの感覚をつかみ、気が散りはじめたら意識する( 2)に戻る)

※2)の部分は少しアレンジ。
右矢印1呼吸に集中して、数を数えながら吸った息を長く吐き、10まで数えたら、石のような単なる存在(物体)になるように意識を向けます。

アラームはせず、いい具合でやめると短くても5分、だいたい10分には届かないくらいです。
本当は15分くらいできるといいようですね。

なお、面倒に思う時はやらないようにしていますが、それが続けるコツなのかもしれませんね。

仕事や生活の質向上に関心がある方には、なかなかおすすめですよ。



posted by Cota at 06:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

今年読んだ本で2冊


今年の7月から読んだ本の評価を★の数(5段階)で勝手につけることにしました。

大晦日なので、振り返ってみると。

★の数が5個ついた本が2つ。

一つ目は、
「良い戦略、悪い戦略」
 (リチャード・P・ルメルト)
良い戦略、悪い戦略 [単行本] / リチャード・P・ルメルト (著); 村井 章子 (翻訳); 日本経済新聞出版社 (刊)

なんかの書評を読んで、その内読んでみようと思いながら
本屋でインパクトある表紙を発見し、購入。

まず、悪い戦略について、どういうのが悪いか、なぜ悪いかが示されており、
「ああ、そうそう、そうなんだよな〜っ」とあらためて身近を振り返りますね。

戦略が、組織文化などで実行されない点についても触れられています。

このような本で気になるのが、じゃあ、どうすればうまくいくのか。

もちろん、本のとおりにはいかないし、自分らで考えなければならないのだけど、
大雑把な書き方だと「本」として残念です。

その点、「良い戦略の基本構造」や「戦略思考のテクニック」などの章があり、ヒントも多い。

納得度が高かったです。


そして、もう一つ。

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」
(マーシャル・B・ローゼンバーグ)

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 [単行本(ソフトカバー)] / マーシャル・B・ローゼンバーグ (著); 安納 献 (監修); 小川 敏子 (翻訳); 日本経済新聞出版社 (刊)


この本は、ファシリテーション塾の関係で、
あるワークショップのミーティングをしている時に紹介してもらいました。

買ったのはそのだいぶ後、酔っぱらいながら、地元の本屋でぶらぶらしている時に見つけました。

マハトマ・ガンジーが重要視していたコミュニケーションだそうですね。

その非暴力的なコミュニケーションとはなにか。

どういう効果があるのか。

具体的に、どうすればいいのか。

とても分かりやすいです。

日々実践していく訓練も必要ですが、これを練習するようなワークショップをつくっても面白いですね。

本にそって、そういうこともできてしまうような1冊でした。



posted by Cota at 15:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

昨日はプレゼンで学び

おはようございます。

昨日は研究会「Think×3」のプレゼン大会でした。
今回もとてもよかったので、振り返りを少し。

昨日は、「池上彰」風を自分なりにとりいれてみた点です。
・「タイトル」 身近な1点からもっと大きな問題を説明する。
・「へえ〜」 問題になっている言葉の意味や歴史など「そもそも」をはっきりさせる。そして、「へえ〜」を促す。
・「東京ドーム○個分」 数字の大きさを具体的なイメージで表す。
・「話す」 スライドはわかりやすくするための道具、まず話をしっかりつくる。

こんなところでしょうか。
これを意識したことと、前回、他の人から学んだことで、
話のシナリオをしっかり作ってから、それに合うようにスライドを作りました。
いつもは、構成をざっと決め、スライドを作りながらもう少し細かいところまで作り込んでいたので、
話がよく分からなくなることもありました。
また、「ZEN」を意識して画像探しをするのですが、
きれいな画像や面白い画像を見つけるとどうしてもそれが使いたくなり、
話とは関係が薄いのに入れてしまって、合わなくなるということもありました。
この点、解消されたのではないかと思います。

ただ、シナリオ(台本)を作成するとどうしても1字1句にとらわれてしまい、
忘れるとアドリブがきかなくなります。
これは、練習と場数ですね。
また、今回は5分だったので細かくつくれましたが、
1時間のプレゼンなどでは、どうでしょう。
やはり、もう少しざっくりしたものになるでしょうね。

みなさんからいただいたフィードバックの中では、
上記について、ビール○杯分の表現がよかったなど、評価してもらったことがうれしかったですね。

他に注意した点は、
・「えっと」を言わない
・沈黙をこわがらない
・その場の思いつきで話を拡げない
・スライドではなく、前をみる
・ゆっくり話す(早く話してごにゃごにゃっとならない)
・語尾をしっかり言う

「えっと」を言わないのは難しいですね。
これを飲み込むため(言うべきことを忘れることもありますが)、
沈黙になります。
これをこわがって、話を早く先に進めようとすると、
「えっと」とか「え〜」がでます。
いい「間」になると信じて、それを飲み込んでみたら
今回はだいぶ減らせました。
しかし、「間」が多くなりすぎて時間オーバーしてしまいました(涙)
フィードバックでは、
スピードが良かったという評価もいただいたと同時に、もう少し早い方がよいという意見もいただいたので、
多分、話すスピードはまあまあ。
この沈黙の「間」をもっと少なく、意図して効果的に使えるようになると良いのではないかと思います。

やっぱり、準備ですね。

他の人から学んだこと、フィードバックの中から次に活かすこと
・今回意識した、池上彰風を次回からも取り入れる
・話すスピードは少し早めてもいいが、自分でもゆっくりかなと思うくらい
・そのかわり、意図した効果的(と思われる)「間」以外の沈黙を少なく
・ただ、沈黙になっても冷静に
・スライドをみない(リモコンを買う)
・音楽とサプライズによって「感動」を与えることができる
・TEDをちゃんとみる。(寝る前か昼休みとれるときに1個)×最低週2つ(気に入った同じものでも可)
・スライドに動きをいれてみる
・つかみを面白く

いつもながら、大変学びの深い、そして充実感のある1日でした。











posted by Cota at 06:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

「小さなことほど丁寧に、当たり前のことほど真剣に」

おはようございます。

「小さなことほど丁寧に、
  当たり前のことほど真剣に」

先日のセミナーで得た言葉です。
(中央支会「知のホットコーナー」)

優先順位の低いものも要は順番としては後からとなるけれども、
やる時は丁寧にやらなければならないですよね。

優先順位が低い=重要度が低いではないということもあります。

つい忘れてしまわないように記録しておきたいと思います。

posted by Cota at 05:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

環境について思った

おはようございます。

震災の影響もあり、会社でも休み時間は電気を消すなどの努力をしています。
随分、意識や関心も高まっているように思います。

昨日、実はある有料老人ホームを見学しました。
木は間伐材、暖房は間伐材のチップを使用する暖炉、照明はLED(しかも1本)、自然光や風邪の通りをよくする「ロ」の字型設計(真ん中が中庭吹き抜け)、ソーラーパネルなどなど、かなり環境に配慮した設計になっています。

実は、この企業の有料老人ホームをみたのは3施設目ですが、どれも建て方が異なります。
もちろん、土地やオーナーの影響もありますが、
環境への意識が高まるやいなやのこのスピード対応はすごいな〜と妙に関心しました。

本当は、使わないのが一番ですが、使うのであれば、環境に配慮した製品を購入するほうがいいと思います。

しかしながら、環境に配慮した製品が山のように積み上がっているのをみてしまうと、
矛盾を感じざるを得ないところもあります。

企業としては収益をあげなければならないので当然といえば当然なのでしょうが。

難しいですね。

先日、環境について少し教えていただく機会がありました。
なんと、全世界の人が日本人と同じ生活をすると、2.3個分の地球が必要だといいます。

エアコンの室外機の熱風〜熱い外〜エアコン〜室外機とスパイラルで暑くなっていることを思うと、
どうしようもない無力感も感じますが、

何もやらないよりは、やるほうがいい。
0よりは1、1よりは2、という考え方がとても大事だということもあらためて認識しました。

「bestより、better」
在宅医療を推進するDrの講演できいた言葉ですが、環境について考えても
しっくりきますね。

さて、今日も暑いけどがんばろ。



posted by Cota at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

「感動」の研修

おはようございます。
またもや久しぶりのエントリですが、宣伝で失礼します。

↓↓↓研修の案内です!!!

よろしくお願いします!!!


【知のホットコーナー開催案内】

日時: 9月12日(月)18:30〜20:30
場所: 中央支会事務所(三越前)
講師: Rコンサルティング代表
佐々木紀子氏
内容: 「期待を越える感動サービスの実現」
〜サービス業に必要なホスピタリティとは〜
参加費:中央支会 1,000円
    中央支会以外の方 2,000円
申込期限:9月5日(月)
申込要領:(1)Myページ http://www.j-smeca.jp/ (定員60名)
     (2)メール 氏名、所属支会名、連絡先(メールアドレス、及び電話番号)を明記して、小泉:koiatsu36☆gmail.com(☆を@に変えて)まで


これからも成長が期待されるサービス業を指導している
診断士は多いと思います。基本となるホスピタリティ
について、わかったつもりにならずに視点を変えて学ぼう
と企画しました。今回は元ANAチーフパーサーであり、
全国各地で講演されて多忙な佐々木紀子先生を
お招きすることができました。
サービス業を指導する診断士に向けて、
航空会社などの実例を通じて、現場のエンパワーメント
の実現を目指す内容についてお話しします。
大勢の皆様のご参加をお待ちしております。
posted by Cota at 06:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

FC研究会に参加した。

おはようございます。

昨日は、フランチャイズ研究会でした。
a.m.分科会→p.m.定例会→夜:暑気払い飲み会です。

定例会では、中国ビジネスの難しさを学びました。

というのも、ビジネス上の競争ではなく、
中国の法律や国民性、習慣などによる障壁がかなり高いようです。

とはいえ、日本の飲食企業はその潜在能力からすれば、
中国で成功する可能性は非常に高いということでした。
要は、進出の仕方だということですね。

保険薬局は保険制度の枠組みの中で行われている関係上、
中国に進出することはあまり考えられませんが、
ドラッグストアなどはあるかもしれませんね。

非常に面白い話、勉強になりました。

そして、著作を購入しました。

中国で繁盛店をつくるシンプルな方法―成功のコツはすべて日本にある [単行本] / 関 敏 (著); 日経BP社 (刊)



posted by Cota at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

始めてみた。

おはようございます。

Face Bookを登録してみました。
起きてからずっとやっているのですが、イマイチ理解していません。

まあ、やりながらでしょうね。

さて今日は、フランチャイズ研究会です。
posted by Cota at 07:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

研修2日目でした。

おはようございます。

昨日は研修2日目でした。

個人ワーク中心でしたが、グループで共有するので飽きることなく時間を過ごせました。

今回は、3年後のゴールと現状のギャップを埋める課題とアクションプランを設定するというもの。
3年後って、結構短いので大それた目標をたてづらかったり、
割とイメージしやすそうでしにくいところもありますね。

自分としては、実行計画を3年の期間の中におとす作業が難しいような気がしました。
どうしても、継続性のあることが多かったり、
頭の方にやはり集中させてしまったり、

まずは、えいやっ!で置いてみることがいいのかな。

とはいえ、実は期の初めに自分の実行計画を立て、
ガントチャート化してみたので、その一部を貼付けるような形になってしまいました。

今度は、業務ではなく、自分自身のキャリアプランということでやらなければいけませんね。
(やらねばと思っているが、自分のことはついつい後回しになってしまう。)

IMG_1177.jpg


posted by Cota at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

昨日は研修に参加した。

おはようございます。

昨日は問題解決研修でした。

知識としてはあっても、なかなか時間をとってやらなかったことをやるには、
いい機会でした。

グループワークも盛り上がり、その人の考え方などがよりわかりました。

今日は、研修2日目です。
昨日みたいに飲み過ぎないように。

なにしろ、降りる駅を通り過ぎ、戻り過ぎ、また通り過ぎ、戻り過ぎ、次に載ってやっとたどり着きました。
このごろ、すぐに寝てしまいます。

朝の子どもトレーニングが堪えたな。

ではでは。





posted by Cota at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

T3に参加!

おはようございます。

昨日は、ペパチェリーダー率いる研究会:Think! Think! Think! に参加しました。
いつもながら、学ぶことが多いです。

昨日は、プレゼン大会です。
プレゼン自体もさることながら、フィードバックがいただけるのが非常にありがたいです。

なかなか、もう少しこうしたほうがいいだろうなということは言ってもらえないことが多い中、
ここでは、「good&better」を紙にも書いて伝えるもらえるので、読み返すことができます。

また、他の方へのコメントを書くのも伝え方の練習になっていると思います。

研究会は恥をかく場であるとリーダーがいつも言っているので、
レベルが高い方が多い中で、萎縮しがちなところ、
プレゼンでも、コメントでも恥をおそれずやれる雰囲気があります。
これはすごく助かります。

私の方はというと、練習不足や気になる部分は確実に指摘されていました。
やはり、分かってしまうものですね。

昨年度〜の「ZEN」を意識したせいか、写真を多く使ったことは、評価をいただけました。
これは、自分もスライドをつくるのが楽しくなります。
(だいぶ重くなりますが。。。)

ただ、話の構成がしっかりしていないと、
ダメになってしまいます。
今回も、しどろもどろに。。。とご指摘。

その他メモ
・より具体的な内容の構成
・「え〜」
・スライドではなく、前を向く
・やらないことのデメリット
・そのサービスを売る理由
・自分の強み、経験などを踏まえ、どういう角度でそれをやるのか
・メモで流れを確認
・フォトリア
・失敗体験をいれる

さて、今日は会社の研修:問題解決技法
面白そうですね。

さて、行ってきます!!



posted by Cota at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

朝までに。。。

おはようございます。

結局、休みといっても夜中しか時間とれず、とほほです。

昨日は、午前中の2時間ちょっと子どもをプールに連れて行っただけで、
かなり日に焼け、真っ赤っか。

子どもを投げないでくださいと注意されてしまいました。

しかし、夜だというのに熱いですね。

自分の部屋にはエアコンがないのですが、
まあまあ、がんばります。





posted by Cota at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

よく食べました。

おはようございます。

昨日は食べ過ぎましたね〜。

昼、よく行くカレー屋でチキンカツカレーを食べたあと、
某大学で講義を2コマ行い、

その大学に催していただいたパーティーに参加したのですが、
ビュッフェだったので
寿司と肉料理しか食べず、

午後は立ちっぱなしでクタクタだったので、
駅からタクシーで帰ろうか、同じ1,000円使うならラーメン食べようか迷い、

結局、こっち。

IMG_1169.JPG

美味かったな〜。

。。。

講義では、栄養のカロリー計算などについて話したというのに
自分が、ほとんど三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)しかとっていなく、
しかもカロリーオーバー。(推定4,000kcal/日以上)

これでは。。。

今日は、子どもをプールに連れて行く約束をしています。
が、Tシャツは着たままですね。





posted by Cota at 05:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

「人を動かす力」

おはようございます。

今日の講義資料がなんとか完成しました。
午前中に会社でその他準備をして、某大学へでかけます。

なんかいつも、ギリギリになっているこの状況をなんとかしたい。
精神衛生上良くないな〜。
早く、前もってやるスパイラルに切り替えたいと思っています。

では。

20)人を動かす力 歴史人物に学ぶリーダーの条件
  渡部 昇一 著
人を動かす力―歴史人物に学ぶリーダーの条件 (PHPビジネス新書) [新書] / 渡部 昇一 (著); PHP研究所 (刊)

kurogenkokuさんのブログをみて購入。
良い本でした。

やっぱり、「明るさ」って大事だな〜と思います。
色んな局面にたたされながら、明るい人というのは魅力的な人ですよね。

リーダーというのは、どちらかというとクールな頭脳というよりは、熱い心の持ち主。
こんなことがよくよく分かりました。

では、今日も明るく!!










posted by Cota at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

七夕ですね。

おはようございます。

昨日は、無事診断報告会を終えました。
終わってから、懇親会まで用意していただき感謝です。

今回も自分自身の反省点はいくつかあります。
が、他のメンバーの見習うところの方が多かったように思います。

懇親会中に飛び込んできたメールです。

IMG_1166.JPG

真ん中の息子は字も書けなかったのですが、必死で書いたようです。
「やくざいしになりたい」とは。
なんにしろ、親のやっている職業になりたいと言われるとうれしいですね。

上の娘は、周りがゲームソフトが欲しいなど書いている中、
「今年の冬は家族でインフルエンザにかかりませんように』だって。

らしいといえばらしいのですが。。。。

そうそう、今日は七夕ですね。

なにか食べるんだっけな〜?

ま、とりあえず行ってきます!


posted by Cota at 07:40| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

イワシをもらった

おはようございます。

遅刻しそうなのですが、せっかくなので。

IMG_1165.jpg

昨日は刺身で食べました。

千葉では「なめろう」といって、みそとあわせてたたいたものを食べます。
お酒に合います。

大量にもらいましたので、いろいろ楽しめるかな。

では、今日は午前中仕事のあと、報告会です。

急がねば。。。



感謝
posted by Cota at 07:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

秩父へ行ってきました。

おはようございます。

昨日は、2nd秩父に行ってきました。
経営革新計画作成の実地修練です。

私がご一緒させていただいた経営者の方は、
たまたま経営革新計画には結びつかない案件でした。

でも、こういう相談もあるんだなということで勉強になったのと、
診断と違って、経営者の方から相談されるので、
こちらの意見や提案を実行してもらいやすいということがわかりました。
だからこそ、責任もあり、同時にやりがいもあるのですね。
更には信頼関係。これは大切だな〜と思います。


もう一方は、経営者の方がいらっしゃらなかったので終了となりました。
こちらも別の事情で経営革新にはなりませんが、
商工会議所には、色んな業種の人が相談にくるんだな〜と感じました。

どんな人でも先入観をもたず、オープンマインドで接することで、
その経営者の本当の姿が分かるような気がします。

こちらは情報が少ない中ですが、できるだけのことはやりたいと思います。

p.s.
昨日は携帯の充電が切れ、車中読もうと思っていた本を忘れ、帰りの電車でPCを開いたら酔ってしまいましたが、
家に帰りかばんをひらいたら、秩父のお酒をいただいたことに気づき、最後は幸運で締めくくることが出来ました。



感謝








posted by Cota at 05:50| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。