2014年04月19日

「人を伸ばす力」ほか

おはようございます。

3月も4月もやはり慌ただしいですね〜。
薬剤師的には、調剤報酬の改訂年にあたりますしね。

それと、個人的には4月より部署がかわりました。

今後は、「中小企業診断士」として得たものを活用できる仕事になりそうです。
パンチ


そして、昨日は、粘土を使ったワークショップを行いました。
組織の関係性を改善するものです。
これについては、また今度。

さて、もう4月も後半になりますが、3月読んだ本のメモ。

10)人を伸ばす力
  (エドワード・L・デシ+リチャードフラスト)


「内発的動機づけ」について。
自律性と有能感と関係性の大切さが示されています。

何度も読み返したい本のひとつになりました。

人を伸ばす力―内発と自律のすすめ [単行本] / エドワード・L. デシ, リチャード フラスト (著); 桜井 茂男 (翻訳); 新曜社 (刊)


11)「選ばれる理由」 (武井 則夫)

マーケティング関連です。
新鮮な感じではなかったですが、こういうものは何度も目にすると覚えているものですな。

選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティング [単行本(ソフトカバー)] / 武井 則夫 (著); 「元気が出る本」出版部 (編集); 現代書林 (刊)

12)「やってのける ー意志力を使わずに自分を動かす」
  (ハイディ・グラント・ハルバーソン)

そんなことが...
タイトルに導かれました...

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~ [単行本] / ハイディ・グラント・ハルバーソン (著); 児島 修 (翻訳); 大和書房 (刊)

13)「30秒で話を伝える技術」 (ミロ・O・フランク)

こういう本て、読んだことがなかったので。
分かるのとできるのは別ですねぇ。

結果を出す人の30秒で話を伝える技術 [単行本(ソフトカバー)] / ミロ・O・フランク (著); 上原 裕美子 (翻訳); 青春出版社 (刊)

14)「人に強くなる極意」(佐藤 優)

前回、「交渉力」という本を読み、著者の精神力の図太さに興味をもちました。
本の中で、意外な本を紹介していて、変なところで感心。

人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス) [新書] / 佐藤 優 (著); 青春出版社 (刊)
posted by Cota at 06:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。