2014年02月16日

「ダイアローグ」

8) ダイアローグ  (デビッド・ボーム 著)

実は2回目。
前回は挫折したというか、一通りは読んだけど、まったく頭に入ってきませんでした。

今回は、先日読んだ「ダイアローグ 対話する組織」という本を読んだ後なので、
前回ほど、難解な感じはしませんでした。
(それでも後半は、眠気が...)

とはいえ、理解するには、
自分で読み解いていく必要があるように思います。

ちなみに、「学習する組織(ピーター・センゲ)」
における5つの学習領域の1つに「チーム学習」という領域があり、2つの会話のスキルとして、「ダイアログ」と「スキルフルディスカッション」が挙げられています。

学習する組織――システム思考で未来を創造する [単行本] / ピーター M センゲ, Pete...

本書では、
「対話の目的は、物事の分析ではなく、議論に勝つことでも意見を交換することでもない。いわば、あなたの意見を目の前に掲げて、それを見ることなのである。」
と述べられています。

前提に、異なった想定や意見を持っていることがコミュニケーションを困難にする理由になっており、誰もが自分の想定を守ろうとします。

対話では、この想定を分かち合い、他人の想定に耳を傾けることなどが必要で、
こうしたことで、集団の思考を一つの方向へ向かわせることが可能となるわけです。

つまり、
「対話の狙いは、全体的な思考プロセスに入り込んで、集団としての思考プロセスを変えることにある。」
というわけです。

このあたり、概念的に理解したつもりですが、
もっと簡単に説明できるようになるまで、少し時間がかかりそうです...。

あとがきに、本書はダイアローグ=対話について、原点を語ったものとあるように、
じっくり何度も読み返す類の味わい深い本ですね。


ダイアローグ 対立から共生へ、議論から対話へ [単行本] / デヴィッド・ボーム (著); 金井真弓 (翻訳); 英治出版 (刊)
posted by Cota at 05:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388684071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。