2014年02月02日

「ダイアローグ 対話する組織」

2)ダイアローグ 対話する組織
 (中原 淳/長岡 健 著)

 今まで、「ダイアローグ:対話」について、その効果は理解していたつもりですが、背景にある根拠や理論について書かれているような本を探せず、イマイチすっきりしない感じがありました。

 本書のあとがきにもアカデミクスの世界で学術研究として正式な認知を受けているわけではないと書かれています。

 しかしながら、「ダイアローグの本質を人文社会科学のさまざまな知見を背景にして描くことにつとめた」とある通り、本書を読むことで随分と理解が進んだと感じました。

人は対話をすることで、物ごとを『意味づけ』ています。そして、『意味づけ』のプロセスを共有していくことで、相互理解を深めることができます。」という点について(もう少し細かく書かれていますが)、こうした単なる「情報」の移動とは異なるコミュニケーションであることをあらためて言語化されると、納得しやすくなるのではないかと思います。

今後、ダイアローグを深めるようなワークショップを提案する際など、役立ちそうです。

ダイアローグ 対話する組織 [単行本] / 中原 淳, 長岡 健 (著); ダイヤモンド社 (刊)


他、1月中に読んだ本はこちら。

3)リフレクティブ・マネジャー
 (中原淳/金井壽宏 著)

リフレクティブ・マネジャー 一流はつねに内省する|中原淳/金井壽宏|光文社|送料無料

一流はつねに内省する」というサブタイトルのとおり、
内省(リフレクション)の重要性から、人材育成への活用などについて書かれているわけですが、
『Works』元編集長の高津尚志さんの言葉として紹介されている
会社は、社員一人ひとりに理念を浸透させたいと言うが、社員は誰も、理念を浸透させてほしいなんて思っていない。」
というのは、ガツん!ときました。

4)組織行動の考え方
 (金井壽宏/高橋潔 著)

組織行動の考え方―ひとを活かし組織力を高める9つのキーコンセプト (一橋ビジネスレビューブックス) [単行本] / 金井 寿宏, 高橋 潔 (著); 東洋経済新報社 (刊)

中小企業診断士1次試験の「企業経営理論」で学んだ内容ですが、理論を例えばNHKで放映された「プロジェクトX」で説明していたりとこれも納得感がありました。
個人的に「モチベーションの夢理論」がオモロい。

5)巨象も踊る
 (ルイス・ガースナー 著)

巨象も踊る|ルイスV.ガースナーJr./山岡洋一/高遠裕子|日本経済新聞社|送料無料

なかなか読む機会がなかったので、よかったです。
これも個人的にですが、最近、「企業文化」の重要性をとても感じている自分としては、
「企業文化」がビジョン、戦略、財務などといった経営のひとつの側面ではなく、
経営そのものだ」と断じているあたり、ウッ!と背中を押された気持ちになりました。


1月はこんな感じであまり多くはありませんが、今、関心がある「組織」のところを集中して読んでいますよ。

posted by Cota at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。