2012年10月11日

ひとことの力


勝つ側は必要な行動を行い、負けた側はその理由を述べるだけ

(「『超』入門失敗の本質」/鈴木博毅)

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ [単行本(ソフトカバー)] / 鈴木 博毅 (著); ダイヤモンド社 (刊)

posted by Cota at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

ひとことの力


おれがなるって決めたんだから、
その為に戦って死ぬんなら別にいい。


(「ONE PIECE」1巻/ルフィ)

posted by Cota at 07:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

ひとことの力


私は、言葉とは「言霊」であり、
その人の「心」や「魂」が自ずと表れるものだと考えている。


(「アメーバー経営」/稲森和夫)

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役 [単行本] / 稲盛 和夫 (著); 日本経済新聞社 (刊)

posted by Cota at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

ひとことの力


怒りの原因は、非難や決めつけをする自分の考えにある。

(「NVC」/マーシャル・B・ローゼンバーグ)

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 [単行本(ソフトカバー)] / マーシャル・B・ローゼンバーグ (著); 安納 献 (監修); 小川 敏子 (翻訳); 日本経済新聞出版社 (刊)

posted by Cota at 07:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ひとことの力


すべてのものに、平等に、同じ時が流れている。

(「イニュニック」/星野道夫)

イニュニック 生命―アラスカの原野を旅する (新潮文庫) [文庫] / 星野 道夫 (著); 新潮社 (刊)



posted by Cota at 07:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

ひとことの力


「人生の達人は、仕事と遊びの区別も、
労働時間と余暇、心と体、教育と娯楽の区別もつけない。
両者の違いがわからないのだ。
何をするのであろうとひたすら至高の状態を求め、
仕事か遊びかの判断を他人に委ねている。
本人にしてみれば、常に両方を行っているようなものだ」
    ーフランソワ・オーギュスト・ルネ・シャトーブリアン


(「社員をサーフィンに行かせよう」/イヴォン・シュイナード)

社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論 [単行本] / イヴォン シュイナード (著); Yvon Chouinard (原著); 森 摂 (翻訳); 東洋経済新報社 (刊)

posted by Cota at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

ひとことの力


大きな理想を掲げておきながら、
具体的な行動プランを示さないマネージャーは無視したほうがいい。

どんなに大きな目標でも、
変革に本気で向き合おうとしない限りはまったく意味がない。


(「すべての仕事は『逆』から考えるとうまくいく」
  /ロブ・ヴァン・ハーストレッチト 他)

すべての仕事は[逆]から考えるとうまくいく [単行本(ソフトカバー)] / ロブ・ヴァン・ハーストレッチト, マーティン・シープバウアー (著); 細谷 功 (翻訳); 日本実業出版社 (刊)

posted by Cota at 07:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

ひとことの力


最高の仕事は、才能とは関係ない

(ロバート・E・ケリー/「9つの黄金則」)

9つの黄金則―小さな行動で最大の成果をあげる成功者(スター・パフォーマー)の秘密 [単行本] / ロバート・E. ケリー (著); Robert E. Kelley (原著); 和田 正春 (翻訳); PHP研究所 (刊)

posted by Cota at 07:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。