2012年07月17日

ひとことの力


レンガの壁がそこにあるのは、それを真剣に望んでいない人たちを止めるためだ。
自分以外の人たちを押しとどめるためにある。

レンガの壁がそこにあるのは理由がある。
自分が何かをどんなに真剣に望んでいるか、
証明するチャンスを与えているのだ。


「最後の授業 (ランディ・パウシュ)」
最後の授業 ぼくの命があるうちに [単行本] / ランディ パウシュ, ジェフリー ザスロー (著); 矢羽野 薫 (翻訳); 武田ランダムハウスジャパン (刊)
posted by Cota at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。