2011年08月17日

環境について思った

おはようございます。

震災の影響もあり、会社でも休み時間は電気を消すなどの努力をしています。
随分、意識や関心も高まっているように思います。

昨日、実はある有料老人ホームを見学しました。
木は間伐材、暖房は間伐材のチップを使用する暖炉、照明はLED(しかも1本)、自然光や風邪の通りをよくする「ロ」の字型設計(真ん中が中庭吹き抜け)、ソーラーパネルなどなど、かなり環境に配慮した設計になっています。

実は、この企業の有料老人ホームをみたのは3施設目ですが、どれも建て方が異なります。
もちろん、土地やオーナーの影響もありますが、
環境への意識が高まるやいなやのこのスピード対応はすごいな〜と妙に関心しました。

本当は、使わないのが一番ですが、使うのであれば、環境に配慮した製品を購入するほうがいいと思います。

しかしながら、環境に配慮した製品が山のように積み上がっているのをみてしまうと、
矛盾を感じざるを得ないところもあります。

企業としては収益をあげなければならないので当然といえば当然なのでしょうが。

難しいですね。

先日、環境について少し教えていただく機会がありました。
なんと、全世界の人が日本人と同じ生活をすると、2.3個分の地球が必要だといいます。

エアコンの室外機の熱風〜熱い外〜エアコン〜室外機とスパイラルで暑くなっていることを思うと、
どうしようもない無力感も感じますが、

何もやらないよりは、やるほうがいい。
0よりは1、1よりは2、という考え方がとても大事だということもあらためて認識しました。

「bestより、better」
在宅医療を推進するDrの講演できいた言葉ですが、環境について考えても
しっくりきますね。

さて、今日も暑いけどがんばろ。



posted by Cota at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。